オフィスアテンダント

オフィス検索

フリーダイヤル0800-888-2772

サイト内検索

バーチャルオフィスとは?メリット・デメリットやおすすめをご紹介

この記事をシェア

クラウドサービスの普及により、仕事にオフィスは必要がない時代になってきました。カフェやクライアント先などで仕事をする人にとって、オフィスは必要ないのです。しかし、カフェやクライアント先を事業所として登録はできません。そんなときには、住所や電話番号だけを借りられるバーチャルオフィスが便利です。

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスとは、直訳すると「仮想事務所」になります。基本的には「住所を貸してくれるサービス」と捉えて構いません。

昨今のクラウドサービスやインターネットの普及により、オフィスではなく自宅やカフェ、クライアント先などで仕事をする人が増えてきました。しかし、法人・個人事業主問わず事業を行うためには住所を登録しなくてはなりませんので、事業用の住所としてバーチャルオフィスを利用するわけです。そこでもしバーチャルオフィスサービスを利用する場合、「その住所が取引先や顧客に与える印象が良いのか」に注意してから借りるようにしましょう。

バーチャルオフィスのメリット・デメリット

バーチャルオフィスを使うメリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう。

バーチャルオフィスのメリット

バーチャルオフィスのメリットには、以下のようなものがあります。

  • 月数千円〜数万円と、格安でオフィスの住所や機能を持つことができる
  • ターミナル駅から徒歩数分など、立地の良い場所のオフィスを使える
  • 顧客や取引先、金融機関や公的機関からの信用や信頼を得られる
  • 新規で法人の口座を開設でき、社会保険や雇用保険をバーチャルオフィスの住所で申請できる
  • 自宅の住所や電話番号などの個人情報を守れる

とくに、1人暮らしをしている女性の事業者であれば、「自宅の住所・電話番号といった個人情報を守れる」というバーチャルオフィスのメリットは大きなものがあります。ただし、口座開設をする場合、銀行によってはバーチャルオフィスの住所では審査が通らない場合があります。その点については注意しましょう。

バーチャルオフィスのデメリット

バーチャルオフィスのデメリットとしては、以下のようなことが考えられます。

  • 住所が他社と重複してしまう
  • 郵便を受け取るまでに、数日〜1週間程度のタイムラグが生じる
  • 官公庁からの許認可の条件に「実際の執務スペースやOA機器」などの条件がある場合には使えない
  • ネットショッピングの大手サイトでは、バーチャルオフィスの住所は使用禁止とするところもある

郵便の受け取りは、自分が直接引き取りに行けるのであれば、数日おきに取りに行っても構いません。サービスによって変わりますので、問い合わせてみましょう。

バーチャルオフィスのサービスにはどんなものがある?

実際にバーチャルオフィスには住所を貸してくれる以外にどのようなサービスがあるのか、詳しく見ていきましょう。

基本的なサービス

基本的なサービスは以下のようになっています。

  • 郵便物や電話の転送
  • 会議室や打ち合わせスペースの利用

基本的に、住所や電話番号を貸してくれるということは、その場所に届いた郵便物や電話を転送してもらえるということです。しかし、会議室や打ち合わせスペースには実際のオフィススペースが必要になりますので、最初から基本料金に含まれているバーチャルオフィスと、オプションとして別料金になるバーチャルオフィスがありますので、よく確認してから借りるようにしましょう。

付帯サービス

他にも、以下のようなサービスを行っているバーチャルオフィスもあります。

  • 法人登記代行
  • 会計サービス
  • 融資、補助金、助成金などの申請サポート
  • WEBサイトの制作サポート
  • メンター制度

これらのサービスも、最初から基本料金に含まれているバーチャルオフィスと、オプションで別料金になるバーチャルオフィスがあります。利用を検討しているバーチャルオフィスのサービス内容をよく確認するか、直接問い合わせてみましょう。

レンタルオフィスとの違い

レンタルオフィスとの違いは「実際にオフィスとしてその場所で仕事をするかどうか」と「利用コスト」という2点が大きく挙げられます。「これから起業する」「仕事専用のスペースがほしい」「自宅とオフィスは分けたい」という人の場合は、実際に入居でき、すぐに業務を開始できるレンタルオフィスのほうが良いでしょう。

逆に、自宅やカフェ、クライアント先などで業務を行うため、「オフィスのスペースは必ずしも必要ない」という人にとっては、よりコストを節約できるバーチャルオフィスのほうがおすすめです。

おすすめバーチャルオフィス3選

最後に、おすすめのバーチャルオフィスを3つご紹介します。

サーブコープ

サーブコープの月額料金はやや高めですが、「申込み後5分で住所や専用の電話番号を利用できる」「1カ月ごとの契約ができる」など、非常にきめ細やかなサービスを受けられるのが特徴です。1カ月あたりコワーキングラウンジを3日間、1日あたり世界各地のコワーキングラウンジを3時間無料利用できるサービスも付帯しますので、打ち合わせが必要な場合や世界各国に訪れる機会がある場合にも便利です。

【料金】月額20,000円〜
【サービス】電話対応、住所利用、郵便物の管理・転送、法人登記、電話秘書代行

参考サイト:サーブコープ

東京アントレサロン

無料のオープンラウンジがあり、打ち合わせや商談に使うことができます。

【料金】月額3,800円〜
【サービス】住所利用、法人登記、郵便物受け取り、専用電話番号、専用FAX番号

参考サイト:東京アントレサロン

バーチャルオフィスJP

「とにかく格安にバーチャルオフィスを使ってみたい」という人におすすめのサービスです。国内最安値とうたっているとおり、月額480円という破格の価格帯から住所利用や法人登記、郵便物の転送サービスが受けられます。さらに月額980円のベーシックプランからは専用の電話番号が取得でき、月額14,800円のプレミアムプランでは電話秘書応対のサービスも受けることもできます。

【料金】月額480円〜
【サービス】住所利用、法人登記、郵便物の転送

参考サイト:バーチャルオフィスJP

まとめ

バーチャルオフィスは「事業所の住所は必要だけれど実際のオフィスは必要ない」という人には大変便利なサービスです。ただし、業種によっては事業所としての認可を得られない場合もありますので注意して借りましょう。

今すぐ
お問い合わせください

オフィス移転全般について、お気軽にご相談ください。
オフィス物件の選定や契約時の条件交渉・現ビルの原状回復費用削減相談なども対応させていただきます。