サイト内検索

コストは使った分だけ。TIMEWORKって?

働く場所の新しい選択肢!固定費0円・コストは使った分だけ。『TIMEWORK』って?

この記事をシェア

働き方改革、新型コロナウイルスの影響で会社に出勤するというスタイルが多様化しています。ICTの活用により、時間・空間を有効活用し、様々な形態のテレワークスタイルがとられています。在宅勤務の導入によるオフィスの縮小、シェアオフィス、サービスオフィスなどオフィスの形態も選択肢が広がりました。そんなオフィスの選択肢の一つとして、「ワークスペースを複数の企業でシェアリングするプラットフォーム」、TIMEWORKの利用者が増えています。

TIMEWORKとは?

コロナ以前から、多くの企業で働き方改革の推進が行われ、場所にとらわれない柔軟な働き方へのニーズが広まっていました。それに伴い、リモートワークを支えるようなシェアオフィスや、サービスオフィスが急速に増えていきました。

社員の働き方に合わせ、より「ワークスペースの選択肢を増やしたい企業」と「空きスペースをうまく活用してほしい事業者(ワーククスペースの提供者)」をひとつの契約でつなぐ仕組みが『TIMEWORK』というプラットフォームです。

TIMEWORKのサービス内容・メリット

TIMEWORKは、様々な働き方をサポートする、法人向けのワークスペースシェアリングプラットフォームです。利用したい企業と、スペースを提供したい事業者がTIMEWORKを使いつながるサービスです。

具体的な使い方は?

まず、利用企業が会社として登録をします。実際に利用する社員は使いたいときにスマホを使って用途に合わせてスペースを探し、利用します。スペースには1分単位で使える「オープンスペース」、仕事場として利用する「個室や個人ブース」、複数でミーティングを行うための「会議室」などがあります。オープンスペース以外は事前予約が必要となりますが、利用者の目的に応じたワークスペースがそろっています。

TIMEWORK加盟店の一例

アポイントの隙間時間も有効に活用!

次のアポイントまでの隙間時間に仕事ができるカフェを探す、といった経験をお持ちの方もいると思います。そういったちょっとした時間に手軽に使えるのが「オープンスペース」です。予約不要で、受付でスマホをかざすだけで利用できます。場所から検索して、そのスペースのQRコードを受け付けのQRコードリーダーにかざしだけというのは手軽で便利です。

シェアオフィスやサービスオフィスとの違いは?

大きな違いは3つ。

まずは、利用できる施設数が圧倒的に多いこと。一つの契約で全国約190施設を利用できるので移動の多い営業やサービスの方などには使い勝手がよいのではないでしょうか。登録されている施設は「働く場としてふさわしい場所」として、一定の基準を満たしたワークスペースのみというのも安心できます。

次に、1分単位での利用ができることや、QRコードをかざすだけといった利便性もシェアオフィスやサービスオフィスとの違いです。

最後はコスト面。初期費用や月額固定費も不要で、利用した分だけの完全従量課金というのが特徴です。

一定の基準とは?

TIMEWORKの加盟施設はすべて新耐震基準、Wi-Fiセキュリティ、感染症対策などの衛生面も基準があり、クリアした施設のみ登録されています。(飲食店や遊興施設は加盟不可。)

というのも、テレワーク中の災害は、業務上の災害として、労災保険給付の対象となります。社員が業務利用する場所なので、安心して仕事ができるよう、基準を設けているのです。

TIMEWORKのコストと利用方法

※このサービスは法人企業のみのサービスです。個人での利用や、個人事業主としてお仕事をされている方は利用できません。

まずはサービス導入の流れを見ていきましょう!

サービスの内容、利用規約などを確認し、申し込みをします。

その後入会に関する審査を経て、管理者アカウントが発行されます。利用企業側で利用者(社員)の登録など、必要なシステム設定を行った後、利用者ごとマイページから利用する流れです。

次に気になるコスト。固定費0円、使った分だけ??

利用者が10名以上の場合は、基本料金無料・完全従量課金となります。
利用者が使った分だけ毎月20日〆、月末請求書発行、翌月末支払いとなります。

1分単位で利用できるオープンスペースは1時間当たり200円~。利用する施設により価格は異なりますが、中央値は1時間600円です。予約が必要な個人用の席や個室は15分単位で1時間当たり204円~。こちらの中央値は1時間1000円です。(2021年8月現在)

まとめ

リモートワークを導入している企業では、働く場所をオフィスと自宅だけではなく、シェアオフィスやサテライトオフィス、レンタルオフィスを併用しているケースが増えてきています。今回紹介したTIMEWORKは働く”場所”と働く”人”をつなぐサービスです。
固定費がかからないというのは大きな魅力。オフィスのあり方の選択肢の一つになりますね。

今すぐ
お問い合わせください

オフィス移転全般について、お気軽にご相談ください。
オフィス物件の選定や契約時の条件交渉・現ビルの原状回復費用削減相談なども対応させていただきます。