サイト内検索

ABWを成功させるには?知っておきたいポイントと導入事例を紹介

この記事をシェア

「ABW」という働き方をご存知でしょうか。働く人が働く時間や場所を選ぶ働き方で、欧米などで人気があります。柔軟に働けることから近年、日本でも注目を集めています。今回は、国内でABWを導入している企業やABWのメリット・デメリットを紹介し、ABWを導入する際に知っておきたいポイントについて解説します。

ABWとは?

ABWは「Activity Based Working」(アクティビティ・ベースド・ワーキング)の略語で、オランダ発祥の働き方です。働く人が仕事内容によって働く場所や時間を選んで仕事をする働き方を指します。

ABWと似た働き方に「フリーアドレス」があります。フリーアドレスは会社のオフィス内の席が自由席になっており、社内で席を選ぶことができます。それに対し、ABWは働く時間と場所が選べます。会社のオフィスだけでなく、自宅やカフェなどでも働くことができるので、フリーアドレスより自由度が高いといえるでしょう。

双方とも場所に捉われない点では共通していますが、ABWはフリーアドレスよりも「働き方を選ぶ」ことに着目している点が特徴といえます。オフィス内でも集中したい時は一人になれるブースや個室、リラックスした状態で仲間とアイデアを出し合いたい時はカフェスペースで、といったように、業務内容に応じて働き方を選びます。このことから、ABWはフリーアドレスの進化版ともいわれます。

国内でABWを導入した企業の事例

日本ではどのような企業がABWを導入しているのでしょうか。ABWを実際に取り入れている3社をご紹介します。

株式会社イトーキ

オフィス用の家具などを扱う株式会社イトーキは2018年、ABWの考え方を取り入れた働き方と新オフィスの本格運用を開始しました。「一人で行う高レベルの集中作業」「二人でじっくり行うPC作業」など、シーン別に使えるオフィス空間を整備しています。

同社はABW導入から1年後に調査を行っており、ABWを取り入れた働き方やオフィスでの社員の生産性実感は上がったようです。調査によると、「現在のオフィスは生産性の高い仕事ができる」は移転前32.4%から移転後58.5%へ上昇。「現在のオフィスは同僚と知識・アイデアの共有がしやすい」も移転前35.6%から移転後52.1%になりました。

2021年には名古屋オフィスのイトーキ名古屋オフィスプラザをリニューアルし、名古屋でもABWを導入しています。

株式会社 J-オイルミルズ

食用油脂の製造・販売などを行う株式会社J-オイルミルズは、2018年から「働き方改革」の一環として、従業員が社内外で働けるようテレワーク導入などを行ってきました。2020年には、本社の管理部門でABWのコンセプトを導入したオフィスリニューアルを実施しています。リニューアルされたオフィスはフロア全域がフリーアドレスとなり、「集中」「交流」「会議」「1on1」「リフレッシュ」などのスペースも設けられました。

パーソルホールディングス株式会社

総合人材サービスを展開するパーソルホールディングス株式会社は2018~2019年、本社機能を集約してオフィスを新設しました。新オフィスは機能ごとにフロア設計されています。ABWを取り入れて、集中が必要な時は壁際のカウンター、ミーティングはオープンフロアの大テーブルなどと、仕事によって環境を選べるようになっています。そのほか、カフェを設けたコミュニケーションフロアや、バランスボールや卓球台が設けられた気分転換できるフロアもあります。

ABWのメリット・デメリット

ABWの導入を考える際に気になるのがメリットとデメリットです。どんなメリット・デメリットがあるのか確認してみましょう。

ABWのメリット

ABWでは、一人で集中して進める、仲間と活発な議論をしながらアイデアを出し合うなど、仕事のシーンにぴったりの場所を社員が自ら選んで主体的に働くことで生産性アップが期待できます。

そして、時間と場所を選んで働けるので、育児や介護などと仕事の両立もしやすくなります。柔軟に働くことができれば、他社との差別化にもなり、優秀な人材が集まることも望めます。

ABWのデメリット

ABWは社員が自分で働く場所を選べるので、誰がどこにいてどれくらい働いているのかがわかりにくくなり、労務管理が難しくなってしまう面があります。

また、同じ部署でも離れて仕事をすることが増え、コミュニケーションが取りにくくなることも。好きな場所で働けるため、いつも同じメンバーで集まるといった偏りが出てしまうこともあります。

さらに、ABWを導入する際には、社内の環境を整備する必要があります。そのため、環境整備や社員にルールを理解してもらうための手間やコストがかかります。

ABW導入を成功させるために

ABWを取り入れる際はまず、社内の環境を整える必要があります。環境の変化に不安を覚える社員もいるでしょうから、新しい仕事の進め方などの研修をしっかりと行うことが成功の鍵になります。

またABWを導入する前には、そもそも本当にABWを導入した方がよいのか、オフィスの在席率や会議室の使用状況などのデータを取って見極めることも大切です。トップダウンで決めるのではなく、社員にアンケートを取り、意見を吸い上げるようにするとよいでしょう。

私達オフィスバンクであれば、IoTツールでオフィスの活用状況の分析も可能です。ABW導入前には、社員も納得できるよう客観的なデータを取るために、第三者でもあるオフィスのプロへの相談を検討してみてはいかがでしょうか。

今すぐ
お問い合わせください

オフィス移転全般について、お気軽にご相談ください。
オフィス物件の選定や契約時の条件交渉・現ビルの原状回復費用削減相談なども対応させていただきます。