サイト内検索

サービスオフィスとは?レンタル・バーチャルオフィスとの違いも解説!

この記事をシェア

近年、働き方が大きく変化し、サービスオフィスやレンタルオフィス、バーチャルオフィスなど、さまざまな形態のオフィスが登場しました。

今回は、その中でもサービスオフィスについて詳しくご紹介します。

サービスオフィスとは

サービスオフィスとは、どんなスタイルのオフィスなのでしょうか?まずは、サービスオフィスの特徴について知りましょう。

一味違った高級感あるシェアオフィス

サービスオフィスは、デスクやチェア・キャビネットなどのオフィス家具や設備はもちろん、
ラウンジや会議室などの共有スペースにも高級感があるシェアオフィスです。

おしゃれなオフィスや高級感のあるオフィス家具は、働く従業員のモチベーションアップにもつながります。

最新テクノロジーはもちろん、電話や秘書サービスも

OA機器やオフィス用品は、すべて最先端のITテクノロジーを使ったものが集められています。

サービスによっては、受付秘書が常駐して社名での電話応対をしてくれたり、会員専用のビジネスラウンジがあったりなど、
きめ細やかなサービスが受けられます。

アクセスに便利な都市部エリア

都心部エリアは、事業所として賃貸契約をしようとするとコストが非常にかかってしまうため、断念せざるを得ない企業も少なくありません。

サービスオフィスであれば、ローコストでアクセスに便利な都心部エリアにオフィスを構えられる場合が多いです。

都心部、駅徒歩数分という優位なロケーションは、社員のアクセスの良さや働きやすさはもちろんのこと、
環境がよくビジネスライフが充実すること、取引先や顧客からのビジネスの信頼度アップにもつながるでしょう。

移転後すぐに業務が始められる

従来の賃貸契約を結ぶタイプのオフィスとは異なり、長期の固定契約や煩雑な契約手続き、多額の保証金は必要ありません。

そのため、契約開始からすぐにビジネスに集中でき、移転に伴う休業期間を最小限に抑えられます。

また、急なオフィス規模の拡張やプロジェクトの増加によってスペースが必要になった場合でも、
柔軟にオフィスサイズを変更できるので、業務拡大で次々移転するという手間もありません。

レンタルオフィス、バーチャルオフィスとの違い

では、レンタルオフィス・バーチャルオフィスとサービスオフィスは、どんなところが違うのでしょうか。

レンタルオフィスとの違い

レンタルオフィスも基本的な考え方はサービスオフィスと同じ「場所を借りてオフィスを運用する」というシェアオフィスです。

しかし、レンタルオフィスは一般的に簡易オフィスとも言うべきもので、
業務に必要最低限のチェア・デスク・ワークスペース・IT機器・通信環境のみを提供するオフィスです。

サービスオフィスで提供される会議室やエントランス、受付秘書などのサービスはほとんどのレンタルオフィスでありません。

バーチャルオフィスとの違い

バーチャルオフィスとは、
「IT環境によってオフィスを再現するもの」または「レンタルオフィスからさらに機能を細分化したもの」の2つの意味合いがあります。

前者はインターネット上のバーチャル空間にオフィスを開設するというイメージで、
後者はオフィススペースを借りるのではなく、必要なサービスだけを切り分けてレンタルするというイメージですが、いずれも実際にオフィスそのものを借りるわけではありません。

また、後者はオフィススペースが必要ない人向けのサービスのため、レンタルオフィスやサービスオフィスが複数人以上の法人向けのサービスなのに対し、個人事業者に向いているサービスといえるでしょう。

流行のサービスオフィス5選

最後に、流行のサービスオフィス5つと、番外編として珍しい入札型のサービスオフィスをご紹介します。

WeWork:世界中で選ばれるサービスオフィス

WeWorkは、2010年からサービスを開始した比較的新しいサービスオフィスです。

コンセプトが「コミュニティ」というWeWorkは、単なるオフィススペースの提供にとどまらず、
他の会社のメンバーと簡単につながれるメンバーネットワーク、定期的に開催されるイベントなど、アイデアや体験を共有できます。

サーブコープ:日本初のレンタルオフィスとして登場

サーブコープは、1997年に日本初のレンタルオフィスとして登場しました。

それから20年あまり、東京丸の内や品川、新宿など、都心部を中心に国内25ヶ所でオフィスを展開しています。
秘書サポートのほか、ITサポートも充実していて、最先端テクノロジーが使いこなせないかもしれないという心配はいりません。

リージャス:120ヶ国900都市で展開するサービスオフィス

ビジネスセンターの数が圧倒的に多いのがリージャスです。

日本ではサーブコープ、オープンオフィスに続いて3番目に登場したサービスで、メンバーにはUBER・Amazon・Adobeといった大企業も。
多くの都市でのサービス展開により、出張先でもいつもの環境で仕事に集中できます。

エクゼクティブセンター:ビジネスに合った提案をしてくれるサービスオフィス

エクゼクティブセンターは、担当者が自社のビジネスに合った提案をしてくれます。

1名〜数百名までの規模に合ったオフィスの利用、生産性を高めるシェアワークスペース、秘書業務やITコンサルティングなど、サポートも充実していて安心です。

世界各地に拠点があるため、海外出張の多い企業にもおすすめです。

クロスオフィス:オリックスが運営するサービスオフィス

金融・不動産・自動車など、多彩なグループ会社を持つオリックスが展開するサービスオフィスがクロスオフィスです。

大手企業による安心感はもちろん、トーンの統一された高級感のある内装は「ハイグレードなサービスオフィス」というコンセプトを見事に体現しています。

番外編 HOLDER:入札型オフィス

シェアオフィスは、基本的にサービスごとに料金が決まっていますが、HOLDERは入札型という珍しいタイプのレンタルオフィスです。

サービスオフィスのような秘書やITコンサルタントはいませんが、
賃料は入札によって決まるため、時期によっては思いがけない安さで借りられるかもしれません。

まとめ

サービスオフィスは、急成長しているシェアオフィス分野において、一線を画す高級感と充実したサービスを提供してくれます。

業務効率化や従業員のモチベーションアップにも十分な効果が期待できるでしょう。

今すぐ
お問い合わせください

オフィス移転全般について、お気軽にご相談ください。
オフィス物件の選定や契約時の条件交渉・現ビルの原状回復費用削減相談なども対応させていただきます。