サイト内検索

オフィスの構造でRC造ってどうなの?特徴やメリット・デメリットをご紹介

この記事をシェア

建物の構造には木造やS造、SRC造などさまざまありますが、このうちRC造のオフィスにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。本記事では、RC造のオフィスのメリット・デメリットや、向いている業態などお伝えしていきます。

RC造とは

そもそも、RC造とはどのような構造かご存知でしょうか。

RC造は「Reinforced Concrete」造の略称で直訳すると「強化されたコンクリート」ですが、日本語では「鉄筋コンクリート造」と呼びます。

鉄筋で補強されたコンクリートという意味だと考えるとよいでしょう。

鉄筋コンクリート造では、鉄筋の枠組にコンクリートを流し込んで躯体を造るため、コンクリートの圧縮力への強さと鉄筋の引っ張り力への強さが組み合わさった頑丈な躯体にすることができます。

なお、建物にはラーメン構造と壁式構造がありますが、RC造のオフィスビルの場合はラーメン構造が用いられるのが一般的です。

ラーメン構造と壁式構造

ラーメン構造とはドイツ語で「額縁」や「枠」と訳されるもので、垂直方向に建てる柱と水平方向にかける梁とで長方形の枠を構成します。
一方、壁式構造とは床、天井、壁の6方向を壁で構成する構造です。

壁式構造では壁量が必要となるため、RC造ではラーメン構造が採用されやすいです。

ラーメン構造は壁がないことから自由な空間を造りやすく、また将来リフォームしやすいといったメリットがあります。

S造やSRC造、ALCと比較して地震や火事に強いの?

RC造のメリットの一つに耐火性の強さが挙げられます。

RC造では躯体全てがコンクリートのため、火災が発生しても材質そのものが燃えることはありません。

火災が発生すると、場所によっては1,000℃に達すると言われていますが、温度が上昇しても強度が下がることもなければ変形することもありません。

一方、木造は250℃前後で燃え出し、S造(鉄骨造)だと550℃前後で変形を始めると言われています。

ただし、木造の場合は炭化するとそれ以上燃える心配がなく、S造については築年数の新しいものであれば防火剤や防火シートで保護されていることが多いため、比較的耐火性は高くなっています。

なお、ALCとは「軽量気泡コンクリート」のことで、普通のコンクリートより軽い素材ですが、「コンクリート」であることに代わりはなく、火災で材質が燃えることがありません。

SRC造についても同様で、躯体の基本がコンクリートのため火災で材質が燃えることがなく、RC造と同様の耐火性の高さを発揮します。

RC造のメリット・デメリットは?

RC造は鉄筋とコンクリートを組み合わせていることから、その頑丈さや耐火性の高さが特徴ですが、一方でデメリットもあります。
ここでは、RC造のメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

RC造のメリット

RC造のメリットとしては以下のようなことが挙げられます。
・耐久性に優れる
・耐火性に優れる
・設計の自由度が高い
それぞれ見ていきましょう。

耐久性に優れる

実はコンクリートは曲げに対して弱く、鉄筋はたるみや曲がりが発生してしまう等、頑丈そうに見えてそれぞれ弱点があります。
それら2つの素材を組み合わせて、お互いの弱点を補ったのがRC造です。

このため木造やS造に比べて耐久性に優れ、しっかりと使っていれば躯体は50年以上使うことができます。

耐火性に優れる

先述の通り、コンクリートは素材そのものが燃えないこともあり高い耐火性を持ちます。

設計の自由度が高い

特にラーメン構造の場合、基本的に壁は躯体に含まれないため、取り外しや移動ができるという特徴があります。
設計の段階から広く開放的な室内にすることもできますし、後からでもリフォームやリノベーションがしやすくなっています。

RC造のデメリット

一方、デメリットとしては以下のようなことが挙げられます。
・建築費用が高い
・建物が重くなる
・結露が出やすい

まず、木造やS造と比べると、鉄筋を配したうえにコンクリートを流し込む作業が必要なため作業工程が大掛かりとなり、建築費用が高くなってしまいます。

建築費用の高さはそのままオフィスビルの賃料に反映されるのが一般的です。

また、鉄骨とコンクリートを躯体に採用するため建物自体の重量が重くなりやすく、新築時には地盤の強化が必要なケースが多いです。

壁式構造の場合には、RC造は非常に高い断熱性と気密性を持ちますが、このために結露が発生しやすくなるというデメリットもあります。

どんな業態に適している?

RC造は構造上大空間を造りやすく、空間の広さに制約を受ける木造等と比べて全般的にオフィスビルに適しているといえるでしょう。

また、RC造はコンクリートを型枠に流し込んで作るため、型枠の作り方次第では柔らかい曲線の壁を造ることも可能で、デザイン性の高い外観が実現可能です。

このため、企業のブランディングでおしゃれなビルを利用したいという場合に向いているといえるでしょう。

まとめ

RC造のオフィスビルを利用するケースについて、そもそもRC造とはどんなものかといったところから、RC造のメリット・デメリット、RC造のビルにするのに向いている業態などお伝えしました。

RC造は耐久性が高いというメリットがありますが、その他のデメリットよりそれらのメリットが大きいかどうかで考えるとよいでしょう。

今すぐ
お問い合わせください

オフィス移転全般について、お気軽にご相談ください。
オフィス物件の選定や契約時の条件交渉・現ビルの原状回復費用削減相談なども対応させていただきます。