サイト内検索

オフィス移転にオススメの時期とは?

オフィス移転におすすめの時期とは?繁忙期は避けるべき?

この記事をシェア

オフィス移転の繁忙期は、一般的に年明けの1〜3月、年末の9〜12月といわれていますが、一概に必ず繁忙期は避けるべきとも言い切れません。

その理由や、時期ごとの細かいメリット・デメリットを解説します。

オフィス移転時期はいつがおすすめ?

引っ越しの時期といえば、一般的な住宅の場合は新学期・新年度に備える1〜3月が多いです。
しかし、オフィス移転の繁忙期は一般住宅と少し異なります。オフィス移転の繁忙期とはいつになるでしょうか?

オフィス移転の繁忙期とは?

オフィス移転の繁忙期は、一般住宅と同様に新学期・新年度に備える「1〜3月」に加え、「9〜12月」にもあります。
これは、会社の決算時期が3月と10月に集中しているからで、その直前に移転を行い、前年度の予算内で移転を済ませてしまおうという理由によるものです。

オフィス移転の前に必要な「解約予告」って?

物件の賃貸借契約を解約する場合、一般住宅もオフィスも「解約予告」が必要です。
一般住宅の場合はたいてい1ヶ月前ですが、オフィスは3〜6ヶ月前が主流で、契約の「解約予告期間」によって違います。
移転を考えている場合、契約をよく確認しましょう。

また、一般住宅では原状回復費用は解約後に請求されますが、オフィスの場合は契約中に原状回復工事を済ませておく必要があります。このスケジュールも念頭に置いて、移転スケジュールを立てましょう。

<!–オフィス移転のスケジュールに関して、詳しくはこちらの記事をご確認ください

★オフィス移転 スケジュールの記事へリンク★–!>

オフィス移転時期のおすすめは4〜8月

繁忙期が9〜3月に集中していることから、移転のおすすめは「4〜8月」です。
この時期は不動産業者も閑散期なので、落ち着いて物件探しができます。

また、入居したい物件が見つかっても、契約に至るまで審査や書類の用意などで2ヶ月程度かかる場合もありますので、早めに探し始めるのがおすすめです。

4〜8月にオフィス移転するメリット・デメリット

では、実際に4〜8月にオフィス移転することのメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

メリット:繁忙期を避けられる

1〜3月、9〜12月の繁忙期を避ければ、移転に伴う手続きや引っ越し業者の予約などをスムーズに行えます。
とくに、引っ越し業者は繁忙期に料金が加算されることもあるので、
繁忙期に頼むと当初に立てた計画よりもコストが多くかかってしまうかもしれません。
しかし、繁忙期を避ければこうしたトラブルに巻き込まれることはないでしょう。

また、閑散期には良い物件の賃料が安くなったり、初期費用や賃料の減額交渉がスムーズにいったりする可能性もあります。決算時期などの事情がなければ、閑散期の移転がおすすめです。

デメリット:希望するような物件が見つかりにくい可能性

デメリットとしては、良い物件は繁忙期に既に契約されてしまい、閑散期には希望条件に合致する物件がないという可能性が考えられます。必ずしも閑散期になくなるとは限りませんが、既に目星をつけている物件があるという場合は注意しましょう。

5月にも繁忙期がある

例外的な繁忙期として、5月の長期休暇後も挙げられます。4月からの新入社員もそれぞれ慣れてきて部署に配属される時期であり、このタイミングを狙ってオフィスを移転すれば、休みの間に移転作業を済ませられることに加え、組織自体を再構成するに当たっても心機一転、働きやすい環境を作れるというメリットがあるからです。

この場合、準備は半年程度前から始めるのが好ましいですが、前章でもご紹介したように、物件の決定から契約まで2ヶ月程度かかることも考えると、余裕をもって7〜8ヶ月前から準備しておくのが良いでしょう。

1〜3月にオフィス移転するメリット・デメリット

では、一般住宅と同じ1〜3月に移転する場合のメリット・デメリットはどう考えられるのでしょうか。

メリット:希望の物件を探しやすい

大きなメリットとしては、この時期に移転が集中することから、さまざまなタイプの物件が大量に出回り、希望の物件が探しやすくなるということが挙げられます。
前年の3月に決算が終わった後、1年かけて徐々に移転計画を進め、翌年の3月に移転を開始する、というスケジュールが一般的です。

デメリット:引っ越し業者が超繁忙期

デメリットとしては、一般住宅の引越しとも重なるため、引っ越し業者がなかなか決まりにくいということが挙げられます。
しかし、これは転居日近くなって慌てて引っ越し業者を探し始める場合で、何ヶ月も前から前もって探していれば問題ないでしょう。

そのためには、やはり一般的な準備期間である「半年前」よりも少し早めのタイミングで動き始めなくてはなりません。とくに、良い物件は市場に出回る前に契約が決まっていることが多いので、前もって不動産業者や引っ越し業者にニーズを伝え、早めに契約するのがおすすめです。

9〜12月にオフィス移転するメリット・デメリット

最後に、9〜12月に移転する場合のメリット・デメリットについてご紹介します。

メリット:年末年始でバタバタする前に移転を済ませられる

12月〜1月は、年末年始で経理を中心に、企業も大変になる時期です。
その前に引っ越しを済ませておけるというのは大きなメリットでしょう。
さらに、10月が決算月の企業では10月までに移転を済ませれば、前年度の経費で移転できるのもメリットです。

また、ここから3月までの繁忙期に移転を予定する企業から、物件がたくさん出回り始めます。そのため、9〜10月から移転計画をスタートすると、希望の物件が見つかりやすくなるのです。

デメリット:2つの繁忙期が重なる

年内に移転を済ませたい企業の移転時期と、1〜3月に移転を済ませたい企業の手続きの時期が重なるため、手続きや引っ越し業者選びがスムーズにいかない場合があります。
こうした場合も考え、やはりニーズは早めに伝えておくと良いでしょう。

まとめ

オフィス移転をスムーズに済ませたいのなら、4〜8月頃に移転し、準備期間は余裕をもって7〜8ヶ月程度とりましょう。
しかし、繁忙期は希望の物件が見つかりやすいメリットもあり、どちらを取るかは会社次第です。会社の都合に合わせて移転の時期を決定してくださいね!

今すぐ
お問い合わせください

オフィス移転全般について、お気軽にご相談ください。
オフィス物件の選定や契約時の条件交渉・現ビルの原状回復費用削減相談なども対応させていただきます。