サイト内検索

オフィスのレイアウト作成が捗る!おすすめフリーソフト6選

この記事をシェア

機能的なオフィスは働く人の意欲や想像力を上げ、生産性を高めるだけでなくリクルーティングの観点でも効果があるという
理由から、オフィスの内装デザインに力を入れる企業が増えています。より効果的な空間を作るためには、
まず企業が求めるイメージを社内で共有し、その内容をできるだけ正確にデザイン会社に伝えることが成功への第一歩。
しかし、レイアウトに携わったことがない場合、一体どのようにしてアイデアやデザインを共有すればいいのでしょうか?
ペイント、パワーポイント。やろうと思えば出来なくはなさそうですが、1から作るとなると、幾分手間がかかりそうです。
そこで活用していただきたいのがオフィスレイアウトソフトです。

今回は、専門知識がなくても使えるオフィスレイアウトのフリーソフトをご紹介いたします。
理想のオフィスへの第一歩をここから始めてみましょう。

オフィスレイアウトソフトのチェックポイント

初心者でも簡単にオフィスレイアウトを作成するためにはソフト選びが大切です。まずは、より使いやすいソフトを見つけるためのチェックポイントから見ていきましょう。

操作の簡単さ

オフィスレイアウトに限らず、操作の簡単さはソフト選びの最重要チェックポイントです。
初心者でも直感的に使えるようなソフトを選ぶとよいでしょう。
フリーソフトであれば気軽に試せますので、いくつか使い勝手を確認して、最終的に1つに絞り込むようにすると失敗もなく安心です。

パーツやテンプレートの豊富さ

オフィスレイアウトソフトにはデスクやチェア、パーテーションといった、オフィスのレイアウトに役立つパーツやテンプレートが予め用意されています。具体的にイメージを固めるためには、やはりこういったパーツが豊富なものがおすすめです。

3D表示機能はあると便利だが必須ではない

平面図では具体的にイメージしにくい「高さ」を、立体的に表現できるのが3D表示機能です。立体でみえることで、
オフィス家具の高さによる圧迫感などの具体的なイメージが把握できるのでとても便利です。
ただ、3D表示機能がないからと言ってレイアウトそのものが出来ないわけではありません。社内でイメージを共有したり、
デザイン会社に渡すためのものであれば、平面図で十分です。
あれば便利ですが、総務で使用する場合には最優先する条件ではないでしょう。

有料ソフトと無料ソフトの差は?

オフィスレイアウトソフトには無料のものと有料のものがありますが、どれほどの差があるのか気になる部分ですね。
無料ソフトに対して有料ソフトが優れている点は、主に「レイアウト作成機能」、「共有機能」「サポート体制」の3つです。
やはり有料ソフトは感覚的な操作で図面作成ができたり、床材や壁紙、オフィス家具といったレイアウト作成に役立つパーツが
豊富だったりと、レイアウト作成をスムーズに行うことができます。上述の3D機能が備わっているものも多いですね。
社内の複数メンバーで図面を編集、確認することができる共有機能が備わっているものも多いのも特徴です。
また、困った時にサポートしてくれるサービスがついているものもあります。
ただし、社内のメンバーや業者の担当者とイメージを共有するためのレイアウト図を作るという目的であれば、
フリーソフトでも十分役割を果たすことができます。
イメージを口頭でのみ伝えることに比べればはるかに正確性が増しますし、実際にオフィスレイアウトのイメージをフリーソフトで
作っている企業は多く、共有することで十分に効果を発揮できています。

オフィスレイアウトに役立つおすすめソフト

は、おすすめのフリーソフトをご紹介していきましょう。ダウンロードして使うものやオンラインで使うもの、ExcelやPowerPointを使うものなどを集めましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

せっけい倶楽部

「せっけい倶楽部」は、オフィスレイアウトと外観の作成ができるフリーソフトで、名前と住所を入力すれば簡単にダウンロードでき、3D表示も可能です、
使い方も簡単。部屋をパズルの1ピースと考えて間取りを配置していくもので、直感的に操作ができます。また、家具や壁紙、
フローリングなど、1000種類以上もの豊富な素材データを標準装備しているので、まるでショールームでコーディネートしている
感覚です。

ホームページではインストール方法やオンラインマニュアルなどがとても丁寧に解説されており、「質問・お問い合わせフォーム」では個別の質問に回答してもらえるので、初めてでも安心して使えます。フリーソフトなのに高性能だとユーザーからの評価が高いおすすめのソフトです。

Floorplanner

Floorplannerは、メールアドレスとパスワードの登録だけで使用できる、3D表示も可能なオンラインソフトで、
作ったデータは全てクラウドに保存されます。海外のサービスですが、日本語にも対応。
直観的なエディタで間取り図を素早く描くことができるソフトで、豊富な素材データから家具を選び
ドラッグ&ドロップで配置するだけで簡単にレイアウトが作れ、印刷も可能です。

フリーソフトとは思えないくらい高機能ですが、無料版は保存できる図面が1枚だけなので注意しましょう。

オフィスレスキュー119

オフィスレスキュー119は、オフィス家具の大型販売店「オフィスレスキュー119Happy」が提供している、簡易的なレイアウトが作れるExcelテンプレートです。

間取りに合わせて「図面シート」に罫線を引き、あらかじめ用意されたオフィス家具をコピー&ペーストするというシンプルな
方法でレイアウトが作れます。用意されているオフィス家具は、デスクやチェア、OA機器やパーテーションなど約75種類。
タイルカーペットの色の変更も、セルの書式設定を使えば自由自在です。

普段Excelを使っている方なら、抵抗なく簡単に使いこなせるでしょう。

Cacoo

Cacooはウェブアプリケーションのドローイングツールで、ウェブブラウザだけでオフィスレイアウト図を作成することができます。
豊富な種類のオフィスレイアウトテンプレートと図形が用意されており、ツールをマウスでドラッグするだけでレイアウトが可能。
ほとんどマウスの操作だけで使える便利なオフィスレイアウトソフトです。
社内のメンバーや業者の担当者に提出する際も、データに共有設定をしてURLを連絡するだけ。
ウェブブラウザさえあれば閲覧できるので、PDFなどの形式に変換する手間も省けます。
また、リアルタイムでのコラボレーション作業が可能なため、チーム全体のアイデアを反映させることもでき、作業効率アップも期待できます。

無料プランと有料プランがあり、無料プランでも図を作成する機能はフルに使用できますが、図の作成は6シートまで、図の共有は15名までという制限があります。

まどりくんWeb

まどりくんWebは、会員登録なしで本格的な間取りが作成できるWebアプリで、インストール不要でブラウザ上で間取り図が作成でき、3D表示にも対応しています。

作成したレイアウト図を画像で保存できるので、デバイスを問わず共有することが可能です。

社内レイアウト作成シート

社内レイアウト作成シートは、オフィスレイアウトをPowerPointで作成するテンプレートです。PowerPointの、数値入力でオブジェクトサイズを編集できるというメリットを活かしてレイアウト図を作成できます。

使い方はシンプルで、オフィスのアウトラインを書き込んでから用意されたパーツを選んでコピー&ペーストするだけ。PowerPointを使ったことがある方ならきっと簡単に操作できます。

HATARABAでは、レイアウト変更による内装についてもご相談承っております。オフィスを今後どのような場所にするか、また固定費削減による退去や移転には、現状分析も必要になりますので、まずはお気軽にご相談ください。

まとめ

オフィスレイアウトソフトは、大々的なレイアウト変更の時だけでなく、人員増加によってパーテーションを増やすなど、
ほんの一部の変更をする時にも役立ちます。使いやすいソフトを見つけておくと繰り返し使えてとても便利です!
理想のオフィスを是非、組み立てて見ましょう。

今すぐ
お問い合わせください

オフィス移転全般について、お気軽にご相談ください。
オフィス物件の選定や契約時の条件交渉・現ビルの原状回復費用削減相談なども対応させていただきます。