オフィスアテンダント

オフィス検索

フリーダイヤル0800-888-2772

サイト内検索

オフィスに自動販売機は設置する?導入のメリット・デメリットを知ろう

この記事をシェア

大規模なオフィスやビルでなくても、自動販売機を設置しているオフィスは多く見られます。コンビニやスーパーなどに買い出しに行く手間が省け、社員の負担軽減につながることも。社内に自動販売機を設置するメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

オフィスに自動販売機を設置するメリット

オフィスに自動販売機を設置すると、どんなメリットがあるのでしょうか。まずは、自動販売機を導入するメリットから見ていきましょう。

24時間利用できる

自動販売機は、オフィスに設置した直後から年中無休で24時間利用できます。そのため、コンビニやスーパーなどの外に飲み物を買いに行く手間が省け、社員の福利厚生と満足度の向上につながります。

少ないスペースで運用できる

自動販売機はある程度の大きさがあるものの、社員食堂などと比べると非常に少ないスペースで運用できます。設置場所によっては、デッドスペースの活用にもなる可能性があります。

確実に料金を回収できる

コンビニなどの買い出しで誰かが立て替えると、いちいち全員からお金を回収するのが面倒だったり、一人ずつ買い出しに行くと時間がかかったりすることになります。自動販売機が近くにあれば、回収の手間がないだけでなく、コンビニやスーパーと比べて外に買いに行く時間がかかりません。

飲み物以外の自動販売機もある

最近では、オフィスコンビニなどのように飲み物だけでなく食べ物も商品ラインナップに入れられる自動販売機もあります。菓子パンやお菓子だけの自動販売機は今までも大きな駅などでよくありましたが、オフィスコンビニの場合はサンドイッチなどのメインの食事も選べることから、より便利になりました。

小腹を満たしたり、夜勤や残業の際の夜食になったりするだけでなく、メインの食事を自動販売機で買えれば、わざわざオフィスを出る手間と時間が大幅に短縮できます。

その他のメリット

自動販売機にはいつでも何らかの飲み物や食べ物が入っていることから、何かの災害があったとき、備蓄の食料・飲料としても使えます。また、自動販売機の近くには自然と人が集まるので、社員同士のコミュニケーションが活性化する効果も期待できるでしょう。

オフィスに自動販売機を設置するデメリットと対応策

反対に、自動販売機を設置するデメリットには、どのようなことが挙げられるのでしょうか。

ここでは、自動販売機を設置するデメリットについて解説します。

電気代がかかる

自動販売機は電気で稼働しますが、24時間稼働するその電気代はすべて会社負担となります。とはいえ、自動販売機を一台設置した場合でだいたい月に約3,000円程度が目安のため、これを必要経費と見るか、デメリットと見るかは会社によるでしょう。

ゴミが散らかりやすい

ペットボトルや包装ビニールなどのゴミが出やすく、散らかりやすいことは大きなデメリットです。特に、飲み物だけでなく食品自動販売機もある場合は、より食べかすなどが散らかりやすく汚れやすいと言えます。そのため、自動販売機の近くにゴミ箱も併設するようにしましょう。

一定の場所が必要

自動販売機は電気で稼働するので、電気を引ける場所に一定のスペースが必要です。オフィスコーヒーなどの小さなサーバーと比べると、大きく圧迫感のあるイメージは否めません。そこで、デッドスペースにうまく設置する、休憩室の空きスペースを利用するなど既にあるスペースを上手に活用すると良いでしょう。

インテリアや内装と合わないこともある

自動販売機の内装はある程度特徴があるため、内装を作り込んでから導入すると、内装やインテリアと合わず雰囲気が崩れてしまい、オフィスの景観を損ねる可能性もあります。これに関しては木目調など外観をある程度変えられる自動販売機もあるので、自動販売機のサービス提供会社に相談したり、いくつかの会社を検討してみたりすると良いでしょう。

オフィス内の自動販売機の設置実例

最後に、実際にオフィス内に自動販売機を設置している企業の実例をご紹介します。

冷蔵庫と一緒に給湯室に

オフィス内に自動販売機を設置する場合、給湯室に設置されることが多いです。給湯室に冷蔵庫やポット・電子レンジなどがある場合は、そのエリアに自販機もまとめて設置すると統一感があり、内装を損ねることもありません。

リフレッシュスペースの飲み物として

オフィス内の自動販売機設置場所として、次に多いのはリフレッシュスペースなどの共用スペースです。ちょっとしたコーヒーブレイクのお供や簡易ミーティング用になど、利用頻度も高いことが見込めます。

食品と飲料、両方を休憩室に

休憩室に自動販売機を設置する場合、食品と飲料の両方の自動販売機を置くとより便利です。昼休みに社外に出て急いで食事をして戻るなどの必要がないため、余裕をもって業務に望めます。

迷ったら比較サイトもおすすめ

自動販売機のサービスを提供している会社は非常に多いので、探すのも大変です。比較サイトもありますので、自社に合ったサイズや種類・設置場所を決めて一括で相談するのも良いでしょう。

参考サイト:自動販売機の会社を一斉比較

まとめ

オフィスに自動販売機を設置しておくと、いつでも飲み物や食べ物が利用でき災害時の備蓄にも使えるなど多くのメリットがあります。その反面、電気代やゴミなどデメリットもあるので、導入の際はよく検討しましょう。

今すぐ
お問い合わせください

オフィス移転全般について、お気軽にご相談ください。
オフィス物件の選定や契約時の条件交渉・現ビルの原状回復費用削減相談なども対応させていただきます。