サイト内検索

自社に最適なオフィス面積がわからない

定量測定分析のご提案

スペースごとの利用状況をIoTツールを使い計測します。個人の感覚や雰囲気ではなく、実際にどのぐらい使われているか、実数を出すことができます。会議室も利用状況を数値・グラフ化が可能。WEB会議が増えてきている昨今、どのぐらい増やすべきなのか、1人利用がどの頻度あるのか、また6名以上の会議室は完全になくしていいのか?といった判断にもご活用いただけます。

よくあるオフィスの課題

・部署やスペースによって、混雑具合が違う
・営業に固定席は不要だと思うが、フリーアドレスにした場合どのぐらい広さが必要かわからない
・今後本格的にリモート導入するが、何人まで耐えられる広さなのかわからない

オフィスバンクの提案・対応方法

IoT技術を使った長期測定とGAP分析を行います。執務スペースや会議室の利用率を中心に、部署別や役職別などで特徴を捉えられるため、課題抽出が正確に行えます

IT系 総務担当者

今までなんとなく作っていたスペース割合も稼働量が数値的に分かるようになったので、レイアウト変更やスペース割合など悩まずに決めることができました。どの部分が狭くなったら移転を検討するかもわかりやすくなり、経営会議でアタフタすることも減りましたね(笑)

その他の解決策・提案

  • 数年後にどんなオフィスが必要になるか知りたい

    オフィス移転時に必要な人員計画や必要面積の変動のシミュレーション資料を作成します。分室なのか集約移転なのかといった複数拠点運用や地方展開にもご利用いただける経営判断資料として好評いただいております。

  • 経営方針に合わせた資料がほしい

    意思決定に必要な情報を当社DBから独自取りまとめてレポートを作成します。作成期間、提出タイミングなど自由に設定いただけます。エリア別の変動なども確認できるため、エリアごとに戦略を立てている場合は重宝いただけると思います。

今すぐ
お問い合わせください

オフィス移転全般について、お気軽にご相談ください。
オフィス物件の選定や契約時の条件交渉・現ビルの原状回復費用削減相談なども対応させていただきます。